安保法制廃止・立憲主義回復を求め
    6・4オール埼玉総行動大集会に県内から1万3200人!


 6月4日、安保法制(戦争法)廃止と立憲主義回復を求める6.4オール埼玉総行動大集会が北浦和公園で1万3200人の参加で開催されました。  オール埼玉総行動による安保法制廃止を求める1万人規模の集会は5度目の開催になりますが、今回は、引き続き埼玉弁護士会と連合埼玉、埼労連が後援するとともに、 総行動の呼びかけで15の衆院小選挙区すべてにつくられた「地域連絡会」との共催で開催され、会場には、さまざまな市民団体や労組の旗、のぼりとともに、地域連絡会の旗が掲げられました。
 主催者あいさつで小出重義実行委員長は、全小選挙区に共闘組織ができたのは全国初だと紹介し、「この運動が全国に広がれば力強い草の根民主主義ができる」と述べました。 後援団体から、埼玉弁護士の山下会長、連合埼玉の佐藤事務局長、埼労連の宍戸事務局長があいさつを行いました。また、集会には立憲野党から民進党=枝野幸男・前幹事長、 日本共産党=小池晃・書記局長、社民党=福島みずほ・副党首、自由党=青木愛・副代表がそろってあいさつを行い、「安倍政権によって表現の自由や法治主義、立憲主義が危機に陥っている。 そのような情勢で一番の力は市民と野党の共闘だ」、「憲法9条改悪や『共謀罪』創設を絶対に阻止し、安倍政権の暴走を打ち倒すため、市民と野党の共闘をすみずみに広げよう」と呼びかけ、 最後に4氏が手を取り合うと「野党は共闘!」のコールに包まれました。
 続いて、ゲストスピーチで国際ジャーナリストの伊藤千尋さんが「市民で声を上げ、先頭に立って社会を平和にしよう。日本に民主主義を取り戻すために誇りを持ってやっていこう」と訴えました。
 集会閉会後、浦和駅と与野駅方面の2コースに分かれ「戦争させない」「憲法守れ」「埼玉から流れを変えよう、政治を変えよう」と訴えパレードを行いました。         

お知らせ


お知らせ

Copyright© 2013 Sairouren All Rights Reserved.