地域一覧  >  北部地域

「茶褐色に濁った濃い泉質!神川町の「白寿の湯」(はくじゅのゆ)」

 ご存じの方も多いのではないでしょうか。日帰り温泉・白寿の湯。温泉としてはかなり有名のようです。
住所は児玉郡神川町渡瀬337-1(TEL0274-52-3771)、午前10時から午後11時(最終入館は午後10時)まで営業しています。なんといっても茶褐色に濁った濃いめの温泉。露天風呂の床は、濃い泉質により、茶色の成分が千枚田のように堆積しています。源泉はナトリウム・塩化物強塩泉(高張性・中性低温泉)だそうで、地下750メートルの古生層から湧出する天然温泉です。ぜひ白寿の湯ホームページでごらんください。個人差があるのでしょうが、母親譲りの「かかとのひび割れ」が入浴後はかなり回復した経験があります。
        

お知らせ


お知らせ

Copyright© 2013 Sairouren All Rights Reserved.