フードバンクの取り組み連載一覧

●2020.05.29

フードバンク48便・49便。

 埼労連のフードバンク活動は、埼教組やSUから寄せられた保存食品6・6キログラムを第48便として、埼玉フードバンク運営協議会の窓口である埼玉労福協に届けてきました。
 今回は、埼教組から醤油・食用油、SUから缶詰・お茶・インスタントラーメン、レトルトパックなどが寄せられました。
 いくつかの単産や地域組織で役員会を中心に保存食品を集めて埼労連に提供してくれています。
 今後も多くの単産・地域組織で取り組みを促進できるよう、埼労連としても各組織との相談をすすめていきます。

 埼労連の4月のフードバンク活動では、熊谷地域労連から玄米、埼教組からココア、埼労連事務局からレトルト米、埼玉土建主婦の会から菓子類・そうめんが寄せられ、4月9日(木)に埼玉フードバンク運営協議会の窓口である埼玉労福協に届けました。
 今回は34・1キログラムになりました。
 引き続きフードバンク活動を広げ、生活困窮世帯支援と食品ロスの取り組みを組合活動の一部に位置づけていきましょう。




第33回「フードバンク46便・47便。」はこちら

お知らせ


お知らせ

Copyright© 2013 Sairouren All Rights Reserved.