記念事業一覧

結成30周年記念式典・記念レセプション


 1月12日(土)午後1時30分から開催された記念式典は12単産22地域などから111人が参加しました。  シンポジウムに先立ち、伊藤議長があいさつのなかで、埼労連30年史が完成したこと、今回は10年史・20年史も含めてデータ化したこと、今後は単産・地域組織にCDとして送付することを紹介しました。 また、戦後の労働運動の歴史にも触れ、なぜ階級的労働組合である全労連・埼労連が結成されたのか、結成後の埼労連はどう前進してきたのかを20分ほどの「30年史ダイジェスト版」にしたことが紹介され、 あいさつ後に試写されました。ダイジェスト版は、全労連・埼労連という階級的ナショナルセンター・ローカルセンターがなぜ結成されたのかを学び、今後の労働組合運動に生かす大学習運動に使います。
 続いて行われたメーン企画・シンポジウムでは冒頭、歴代議長から第一発言があり、第3代・森議長が「存在を確立し、共同を広げた埼労連運動」、第4代・原冨議長が「県民共同の運動と埼労連の存在」、 第5代・柴田議長が「『職場力』を強化し、県民共同の運動発展を担う労働組合の役割」をテーマに報告がありました。それぞれ、戦後の労働運動、様々な曲折を経ながらも階級的労働運動を継承・発展した歴史、 埼労連の存在と県民共同の発展、労働組合の役割と期待が語られ、伊藤議長の進行で討論が進められました。会場からは、民主主義の前進、次世代の結集と期待についての質問が寄せられました。
 シンポジウム終了後は、30周年組織拡大中間表彰。18年6月現勢から12月現勢で組織増となった単産、同時期に新規加盟組合が増えた単産・地域組織が表彰され、前島副議長(組織拡大推進委員長)から 景品が送られました。
 記念式典終了後、結成30周年祈念レセプションが、浦和ロイヤルパインズホテルで開催されました。太鼓集団「響」がオープニング演奏、伊藤議長のあいさつ、来賓を代表して、小田川・全労連議長、 新里・埼玉県雇用労働局長、島田・埼玉弁護士会会長、頼高・蕨市長、金井・全労済埼玉推進本部長、塩川・日本共産党衆議院議員からお祝いの言葉がありました。歴代議長も登壇しての鏡開き、歓談中は 埼労連30年史ダイジェスト版の映像披露がありました。



お知らせ


お知らせ

Copyright© 2013 Sairouren All Rights Reserved.